銀行格付け向上研究会 ファイティング・コンサルタンツ
TOP > ファイティング・コンサルタンツ会則

ファイティング・コンサルタンツは2002年に設立された中小企業診断士のグループです。名前の通り、熱い情熱と理論で経営の問題解決を目指します。
お問い合わせください:info@fighting-consultant.com


第1章 総則
第1条(名称) 本会は「ファイティング・コンサルタンツ」と称する。
第2条(事務所) 本会は事務所を大阪府堺市堺区春日通2-8-7に置く。


第2章 目的および事業
第3条(目的) 本会は経営に関る諸問題を専門的に研究,実践することを通じて,関西の企業における経営革新,創業支援,および,中小企業診断士の社会的地位の確立を目的とする。
第4条(事業) 本会は第3条の目的を達するため次の事業を行う。
(1) 経営コンサルティングの企画と実行
(2) 経営コンサルティングの研鑚,維持,向上を目的とした研究会,研修会の実施。
(3) マーケティングに関する実践的調査活動。
(4) サービス・物品の販売および販売支援。
(5) 会報,論文,書籍など印刷物の刊行,頒布。
(6) その他本会の目的に必要な事業。



第3章 会員
第5条(会員) 本会の会員は,正会員で構成する。
(1) 本会の正会員は,本会の目的に賛同し活動に参画を希望する中小企業診断士等の専門家とする。
第6条(入会手続と年会費) 本会に入会を希望する者は、理事会の承認を受けなければならない。
2 会員は,総会の定める額の年会費を納入しなければならない。
3 納入済みの年会費は返却しない。
第7条(資格の喪失) 会員が以下の事項に該当する時は,その資格を喪失する。
(1) 退会届けを提出したとき。
(2) 年会費を滞納したとき。
(3) 死去または解散(法人の場合)したとき。
(4) 除名されたとき。
第8条(除名) 会員が本会の名誉を傷つけた場合,または目的に反する行為を行った場合は理事会の議決によりこの会員を除名することができる。

第4章 理事
第9条(理事および役員) 本会に次の理事を置く。
(1) 代表:本会を代表し会務を統轄する。
(2) 副代表:代表を補佐し,代表が職務を遂行できない場合はその職を代行する。
(3) 会計:本会の出納および決算業務を担当する。
(4) 監査:本会の会務および会計を監査する。
第10条(理事の選任および任期) 本会の理事は,総会において選任する。ただし任期中に欠員が生じた場合は,理事会の議決により補充することができる。
第11条(理事の辞任および解任) 理事の辞任は,理事会の承認を必要とする。
2 理事が次の各号に該当する場合は,総会の議決によりこれを解任することができる。
(1) 心身の故障のため,職務の遂行に堪えないと認められるとき。
(2) 職務上の義務違反その他理事たるにふさわしくない行為が認められたとき。


第5章 会議および委員会
第12条(会議の種類と成立) 本会の会議は,総会,理事会とする。
2 総会は正会員をもって,理事会は理事をもって構成する。
3 会議は,いずれも構成員の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立する。
第13条(権能) 総会は,この会則に定めるもののほか,次の事項を議決する。
(1) 事業計画および収支予算
(2) 事業報告および収支決算
(3) その他,本会の運営に関する重要事項
2 理事会は,この会則に定めるもののほか,次の事項を議決する。
(1) 総会の議決した事項の執行に関すること
(2) 総会に付議すべき事項
(3) その他,総会の議決を要しない会務の執行に関する事項
第14条(招集と開催) 通常総会は,年度終了後3か月以内に,代表の招集により開催する。
2 臨時総会は次に掲げる場合に代表が招集する。
(1) 理事会が必要と認め,招集の請求をしたとき。
(2) 会員総数の4分の1以上から会議の目的を記載した書面により招集の請求があったとき。
3 理事会は,次に掲げる場合に代表が招集する。
(1) 代表が必要と認めたとき。
(2) 理事総数の4分の1以上から理事会の目的である事項を記載した書面により招集の請求があったとき。
4 会議を招集する場合は,事前に,会議の日時,場所,目的および審議事項を通知する。
第15条(議長) 総会の議長は,その総会において出席会員の中から選出する。
2 理事会の議長は,代表がこれにあたる。
第16条(議決と議事録) 総会の通常議題は出席者の過半数で議決し,賛否同数のときは議長の議決による。
2 総会の重要議題は,会則の改廃,年会費に関する細則の改廃,本会の合併および解散に関する事項および総会で重要議題と決した議題とし,出席会員(委任状を含む)の4分の3以上をもって議決する。
3 理事会は,出席理事の過半数で議決し,賛否同数のときは議長の議決による。
4 会議は議事録を作成し,会員に通知すべき事項は遅滞なく会員に連絡する。
第17条(委員会) 本会の活動を円滑に運営するため,理事会の議決により委員会を設置する。
2 委員会の活動実績は,理事会および総会で報告しなければならない。


第6章 会計
第18条(会計) 本会の事業年度は1月1日から12月31日までとし,会計担当理事は各年度単位に会計報告書を作成し,監査担当理事の承認を得た上で総会に報告しなければならない。


第7章 雑則
第19条(細則) この会則の施行について必要な細則は,理事会の議決を経て代表がこれを定める。
附則
本会則は,2005年1月1日から発効する。
本会則は,2007年3月3日,第2条の変更を行なった。
本会則は,2008年1月12日,第2条の変更を行なった。
以上

TOP > ファイティング・コンサルタンツ会則

TOP



業 務

セミナー/講演依頼

銀行格付け判定

■格付け判定・申込

■銀行格付け向上コンサルティング

■ショートコンサルティング



メルマガ
 『ザ・ファイティング経営戦略』



ファイティング
 コンサルタンツ会則



特定商取引法による表示



お問い合わせ(メール)

2015 FightingConsultants all right reserved